【SEO PowerSuite】4ツールの違い・料金・使い方を徹底解説!

Rank Tracker

【SEO PowerSuite】4ツールの違い・料金・使い方を徹底解説!

SEO PowerSuiteの4ツールの違い・料金・使い方を徹底解説

こんにちは!kiwiです(@kiwi07490459

「SEO PowerSuiteの4つのツールの違い・料金・使い方が知りたい!」という人向けの記事です。

本記事で得られること

  • SEO PowerSuiteの4つのツールについての知識
  • SEO PowerSuiteのお得な購入方法


ちなみにSEO PowerSuiteは4つのツールすべてで無料版があります。

サイト収益化に活かせる機能が盛りだくさんですので、まだ試していない方はぜひお試しください。

SEO PowerSuiteとは?

SEO PowerSuiteとは?

SEO PowerSuiteとはLink-Assistant.Com社が提供するSEO関連のソフトウェアのブランドの名称です。

Link-Assistant.Com社の本社はベラルーシにあり、設立は2004年です。

SEO PowerSuiteは4つのツールで構成されていて、日本で最も有名なものはRank Trackerです。

Rank Trackerは個人ブロガーの間で広く浸透していて、私も毎日愛用している製品です(値段の割に機能が豊富でかなりおすすめです)

SEO PowerSuiteというツールは存在していなくて、SEO PowerSuiteはただのブランド名になります!
この後、4つのツールを解説していきます。

Kiwi

SEO PowerSuite:4つのツール解説

SEO PowerSuite:4つのツール解説

SEO PowerSuiteのツールは次の4つで構成されています。

  • Rank Tracker(検索順位チェックツール)
  • Website Auditor(サイトの問題発見ツール)
  • Spyglass(被リンク分析ツール)
  • Link Assistant(被リンク獲得支援ツール)

4つのツールはまとめてダウンロード・インストールも可能ですし、別々にダウンロード・インストールすることもできますよ!

では以降でそれぞれのツールの機能と使い方を見ていきますね。

SEO PowerSuiteツール①:Rank Tracker(検索順位チェックツール)

1つ目は最もメジャーなツールのRank Trackerです。

Rank TrackerはGoogle、Yahoo、Bingといった検索エンジンで検索した際の、検索順位を表示してくれるツールです。

代表的な機能は以下のとおりです↓

  • キーワードの検索順位を一覧&グラフで表示できる
  • 競合の検索順位も一覧&グラフで表示できる
  • 競合のサイトで上位にランクインしているキーワードがわかる
  • 競合がランクインしていて、自分のサイトがランクインしていないキーワードがわかる
  • 月間検索ボリュームがわかる

などなど、とても機能が豊富です。

キーワードの検索順位は以下のような感じで表示できますよ!

SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-00SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-00


キーワードの登録数が無制限であったり、複数サイトも管理できることから、個人ブロガーだけでなく企業でも十分に使えるツールです。

ちなみに検索順位チェックツールは日本だとGRC、Serposcopeなども有名です(Serposcopeは無料)

各ツールの機能・料金比較は検索順位チェックツールおすすめ3つを料金/機能で徹底比較!で紹介していますので、興味ありの方は参照ください。

SEO対策を本格的に取り組み、アクセス数・収益をアップするには、Rank Trackerのような検索順位チェックツールは必ず必要になってきます。
まだ導入されていない方は、検討することをおすすめします。

Kiwi

>>Rank Tracker公式サイトへ

SEO PowerSuiteツール③:Website Auditor(サイトの問題発見ツール)

続いてはサイトの問題発見ツールのWebsite Auditorです。

Website Auditorの主な機能はSEOに関する自サイトの問題を発見してくれることです。

例えば以下のようなことをチェックしてくれます。

  • 自サイトのリンク切れページの発見
  • サイトマップファイル、robots.txtの設置有無
  • エラーページ(4xx、5xx)の発見
  • titleタグにキーワードが入っているか
  • descriptionタグ、URLが長すぎないか
  • 画像のaltタグの有無
  • 外部サイトへのリンク先URLとリンク数

SEOにかかわる様々なチェックを自動で実施してくれ、エラー、警告の内容を画面表示してくれます。

実際の画面はこちら↓

SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-01


どこをどう改善すればいいのか詳しく出してくれるので、かなり便利です!

難点は英語対応のみというところでしょうか。日本語対応してくれると嬉しいですが、残念ながらまだのようです。

SEOは「自分ではバッチリだ!」と思っていても、意外とできていないところがあったりします。
Website Auditorのようなツールで客観的にチェックすることで、自サイトでSEO対策がちゃんとできているか確認できますよ!

Kiwi

>>Website Auditor公式サイトへ

SEO PowerSuiteツール②:Spyglass(被リンク分析ツール)

続いては被リンク分析ツールのSpyglassです。

名前がかっこいいですね。日本語に訳すと「双眼鏡」や「見張り望遠鏡」といった意味になります。

Spyglassの主な機能は次のようなものです。

  1. 自サイト、競合サイトの被リンクを一覧で表示できる
  2. 被リンクのドメインのスコアが見れる(=良質のサイトから被リンクを受けているかどうかがわかる)
  3. 被リンクのアンカーテキストを表示できる

デメリットとしては、Website Auditorに続き日本語対応がされていないという点です。

Spyglassの実際の画面がこちらです↓

1の画像↓(被リンク一覧)

SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-02-1


上記は自サイトの被リンク一覧を表示させた画面です。競合のドメインを設定すると、競合の被リンク一覧が表示されますよ!

2の画像↓(被リンクのドメインのスコア=良質のドメインからの被リンクかどうかがわかる)

SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-03


3の画像↓(被リンクのアンカーテキスト)

SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-04


被リンクの分析がしたい場合は、Spyglassだけで十分な分析ができると思います。

自分のブログがどこからどういう被リンクをもらっているかを把握することで、自身のブログの特性や被リンクをもらえる記事の特性がわかりますよ!

被リンクはなかなか簡単にはもらえないですが、良質なサイトを運営し続けることで必ずもらえるときがやってます(自分のブログもまだまだ少ないですが…)

被リンクの数はドメインパワーをあげるためにも、重要な指標になってきます。
ぜひチェックしてみましょう!

Kiwi

>>Spyglass公式サイトへ

SEO PowerSuiteツール④:Link Assistant(被リンク獲得支援ツール)

最後にご紹介するのは、被リンク獲得支援ツールの「Link Assitant」です。

被リンク獲得支援ツールって何?という感じですよね。

Link Assistantは「自サイトで狙っているキーワードに関するサイトとその連絡先を収集して、収集した連絡先にメールを送ることができるツール」です。

簡単に言いますと、「見込み客に対して、よかったら自分のサイトを載せてくれませんか?」という営業をかけるためのツールです。

ですので、個人ブロガーの人はあまり縁がないと思いますが、企業の方にとっては便利なツールと言えます。

実際の画面がこちらです↓

SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-05


上記のように、「見込み客のURL、Emailアドレス、ドメインランク」を一覧で表示してくれます。

Emailアドレスはサイト上の「お問い合わせフォーム」に設定してあるアドレスを自動的に収集してきます。
※お問い合わせフォームがないサイトは収集できません。

ドメインランクも表示してくれるので、ドメインの信頼性が高いサイトに対して、効率的に営業をかけることができますよ!

ちなみに見込み客のURLは、狙っているキーワードを入力することで収集できます。

下記の例では「Rank Tracker」というキーワードで見込み客を収集します。

SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-06


また収集した見込み客に対して、ツール上からメールを送信することができます。

SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-07


どの見込み客にどのようなメールを送ったかを管理できるので、便利ですね。

Link Assistantのデメリットとしては、残念ながらこちらも英語対応のみという点です。

Link Assistantはうまく使えば被リンクを獲得できますし、集客が見込めます。
営業してでも被リンクを何とか増やしたいという場合に、とてもおすすめです!

Kiwi

>>Link Assistant公式サイトへ

どのツールが一番使える?

どのツールが一番使える?

SEO PowerSuiteの4つのツールを紹介しました。

4つのツール中で、どのツールが一番使えるか?ですが、ズバリRank Trackerです。

Rank TrackerはRank Trackerの料金プラン・更新料・使い方を徹底解説!でも解説していますが、とにかく料金のわりに機能が豊富です。

検索流入を増やしたいと考えている人にとっては、不可欠なツールと言えます。

ちなみに個人的なおすすめの順番としては、以下になります(=本記事の紹介順です)

  1. Rank Tracker(検索順位チェックツール)
  2. Website Auditor(サイトの問題発見ツール)
  3. Spyglass(被リンク分析ツール)
  4. Link Assistant(被リンク獲得支援ツール)

もちろん個人ブロガー/企業、対象サイトなどによっても変わると思いますので、惹かれるツールがありましたら、まずは無料版でお試しください。

無料版で十分に使用感を確認できますよ!
無料版は履歴の保存ができないですが、だいたいの機能がちゃんと動きます。

Kiwi

SEO PowerSuiteの料金体系

SEO PowerSuiteの料金体系

SEO PowerSuiteの料金体系は以下のとおりです。

とてもシンプルでわかりやすいですよね。

  プロフェッショナル版 エンタープライズ版
1ツールのみ 149ドル/年
(約15,421円)
349ドル/年
(約36,121円)
4ツールセット

299ドル/年
(約30,946円)

699ドル/年
(約72,346円)

※2020/12時点で1ドル=103.5円で計算


1ツールのみ個別に購入する場合は、どれも共通の値段で、プロフェッショナル版だと149ドル/年になります。

プロフェッショナル版とエンタープライズ版の違いは公式サイトに記載がありますが、少なくとも個人ブロガーの場合はプロフェッショナル版で十分です。

どれか2ツールを入れるということであれば、4ツールセットの値段とほぼ同額ですので、4ツールセットで購入するのがおすすめです。

>>SEO PowerSuite公式サイトへ

SEO PowerSuiteの購入手順

SEO PowerSuiteの購入手順

SEO PowerSuiteを実際に購入する手順を解説します。

購入はWebサイトから5分程度で簡単にできますよ!

クレジットカード決済、PayPal、銀行振込など様々な方法で決済できます。

購入手順は、

  • 1ツールのみの購入手順
  • 4ツールセットの購入手順

の2つがあるので、それぞれ解説していきます。

ほぼ同じ手順ですが、間違えやすい手順でもありますので別々に解説していきます。

「Rank Tracker」を買おうとしたら、「SEO PowerSuite」を買ってしまったという声をTwitterで何度か聞いたことがありますので注意が必要です。

では順に見ていきますね!

1ツールのみの購入手順

Rank Trackerなど1ツールのみの購入手順を解説します。

以降はRank Trackerの画面で解説しますが、Website Auditorなど他のツールでも同様の手順になります。

まずRank Trackerの公式サイトに移動します。

>>Rank Tracker公式サイトへ

Rank Tracker以外のツールを購入する場合は、下記リンクから移動します。

>>Website Auditor公式サイトへ

>>Spyglass公式サイトへ

>>Link Assistant公式サイトへ

画面下にある「注文」をクリックします。

SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-10


真ん中のPROFESSIONALの「今すぐアップグレード」をクリックします。
※企業の方でENTERPRISEを購入する場合は、ENTERPRISEの「今すぐアップグレード」をクリックします。

SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-11


クレジットの種別を選択した後、カード情報を入力して、「ORDER NOW」をクリックします。
※銀行振込を希望の方は、「その他のお支払方法」をクリックします。

SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-12


「Rank Tracker Professional!」の完了画面が出てきたら無事に購入完了です。

SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-13


購入後にライセンスキーがメールで届きます。

Rank Trackerをインストールして、ライセンスキーを設定したら無事に有料版が使えるようになりますよ!

ちなみにRank Trackerの導入、購入、初期設定についてはRank Trackerの導入・購入・初期設定手順を画像つきでわかりやすく解説!で解説していますので、Rank Trackerを導入する場合は参照ください。

以上で1ツールのみの購入手順は終わりです。
とても簡単に購入できますよね!

Kiwi

4ツールセットの購入手順

4ツールセットの購入手順の解説です。

まずSEO PowerSuiteのサイトに移動します。

>>SEO PowerSuiteの公式サイト

画面下にある「注文」をクリックします。

SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-14


真ん中のPROFESSIONALの「今すぐアップグレード」をクリックします。
※企業の方でENTERPRISEを購入する場合は、ENTERPRISEの「今すぐアップグレード」をクリックします。

SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-15


以降は「1ツールのみの購入手順」と同じです。

クレジットの種別を選択した後、カード情報を入力して、「ORDER NOW」をクリックします。
※銀行振込を希望の方は、「その他のお支払方法」をクリックします。

SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-16


「SEO PowerSuite Professional!」の完了画面が出てきたら無事に購入完了です。

SEO PowerSuiteのお得な購入方法

SEO PowerSuiteのお得な購入方法

SEO PowerSuiteは年に2~3回ほど、セールが行われ、そのタイミングで購入するとかなりお得になります。

最近ですと、SEO PowerSuite4ツールセットが9/22-24で70%オフ、12/15-17で75%オフ、というセールがやっていました↓

SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-08
SEO PowerSuite_4ツールの違い・料金・使い方-09


私はRank Trackerを利用するときに、メールアドレスを登録しましたので、時期が近づいてくるとLink-Assistant.Com社からメールがきます。

セール情報を受信したい人は、SEO PowerSuite公式サイトからメールアドレスを登録しておきましょう!

残念ながら1ツールのみのキャンペーンはまだ見たことありません。
Rank Trackerを購入する人は、セールに期待するのはやめておいた方がいいかもしれないです。

Kiwi

まとめ:SEO PowerSuiteの4ツールを導入してみよう!

「SEO PowerSuiteの4ツールの違い・料金・使い方を徹底解説!」をお伝えしました。

相談者

ありがとう!
SEO PowerSuiteって何?と思っていたので、すっきりしたよ!

SEO PowerSuiteは値段のわりにとても機能が豊富なツールですね。
ぜひうまく活用してみてください!

Kiwi

まとめですが、以下4つのツールについて紹介しました↓

  • Rank Tracker(検索順位チェックツール)
  • Website Auditor(サイトの問題発見ツール)
  • Spyglass(被リンク分析ツール)
  • Link Assistant(被リンク獲得支援ツール)

個人ブロガー/企業の方は、少なくともRank Tracker、Website Auditor、Spyglassの3つのツールは、SEO対策をする上で何らか使い道があるツールです。

サイトの成長性・収益に直結するSEO対策は、サイト運営の最重要事項とも言えますので、まだ導入されていない方はぜひ検討してみてください。

途中ご紹介しましたが、無料版でも十分に使えますよ!

無料版は公式サイトから簡単にダウンロードできますので、まずはインストールして動かしてみるのがおすすめです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>>Rank Tracker公式サイトへ

>>Website Auditor公式サイトへ

>>Spyglass公式サイトへ

>>Link Assistant公式サイトへ

スポンサーリンク

-Rank Tracker

© 2021 Kiwi Blog